2010年 10月 14日
神無月の室生寺






c0154732_23141429.jpg



S5pro+TAMRON AF 18-270



昨日の雨模様の室生寺で見てしまったもの……

大好きなこのお寺の鏡とも言える「鎧坂」に、真新しい木製の手摺りが備えられていたことでした


奈良は現在「平城遷都1300年祭」が行われ、各種各所でイベントがあり、
石階段の多い室生寺も混雑の対策のためかも知れません

私は余りのショックでこの手摺りを画角に入らないように撮ろうと試みたものの

それはやはり「鎧坂」ではない画像になっていました


但し、一説によると、国賓の方が御見えになる際の一時的な対策だとも聞いていますが、、、
定かではないので明確な事は「現在の室生寺」はこのような姿です

仮に初めて来られた方々はどうお感じになるのか?   

あの厳格で感動の一言に尽きる「鎧坂」の印象が随分違って見えたことでしょう







c0154732_23143881.jpg





幸いにも五重塔の石階段は健在でした


ご高齢の方や身障者の方々の配慮は必要だとは思いますが、入り口付近の「鎧坂」だけに手摺りがあっても
意味をなさないのでは? とも感じました



もし、上記した一時的な対策であれば、、、、、

またいずれ室生寺に訪れた際に証明出来るかも知れません
[PR]

by un-chat | 2010-10-14 23:45 | snapshot


<< 柘榴      雨の室生寺 >>