2010年 10月 21日
夕暮れの湖北









c0154732_045559.jpg


S5pro+TAMRON AF 18-270




黄金色に輝く湖面と空を何度撮りに出掛けただろう、、、、

これから一番美しい時期になる湖北で一番印象に残っている人がいる

この時間、この場所をピンポイントでやって来たある紳士


運転手付きのゴージャスな車から降りるなり、何も躊躇わず何枚か撮った後、滑るように走る車に乗り去った

仕立ての良い上質なスーツ、イタリア製の革靴、歩き方も品格があった


その日は日曜だと言うのに仕事だったのだろう

それでも運転手に「いつものところへ」などと言って気晴らしにシャッターを切ったのかも知れない

何もお話はしていないけれど、そんな事を想像してしまう紳士だった



私は週末にしかスナップへ行けない、月に数えるほどしか行けない事も多々ある

けれど、例え運転手付きでも休日にスーツ姿で1分、1秒、ここへ来ることが困難な方々もいるのだと想うと

三脚を立て、場所を陣取って何時間も粘っている私は幸せなのだ、きっと
[PR]

by un-chat | 2010-10-21 00:25 | 風景のような


<< 猫肥ゆる秋。      夜靄 >>