2011年 04月 12日
又兵衛桜 #2


c0154732_02437100.jpg


S5Pro+TAMRON AF18-270mm



細かい雨はやがてミスト状になり、殆ど何も見えなくなってしまった

車の中で待機する人達が増え、歩くのも困難な程白く幻想的で怖さも感じる雰囲気が辺りに充満し

カメラもマニュアルでピントを合わせるしかなく、何もかも濡れて冷えてしまった髪や衣服もタオルも

全てのものがミルク色の靄に囲まれて不思議な世界に来たようだった





c0154732_0245091.jpg






それも束の間、水蒸気は太陽に吸い込まれてこの櫻の樹だけを浮き上がらせてくれた

天候の悪条件ほど風景写心には良いとされるがそれは経験からも本当だと想う


晴れオンナの私はいつもお天道様に恵まれ過ぎてそれは気持よく運の良いことだとは感じていたけれど、

何か物足りなさを感じていたのは本心だ


やがて雨が上がり、屋台の名物を食べながら、皆が笑顔でこの樹の下を通るところをベンチで見ていた

穏やかな陽が雨露を光らせ笑い声が聞こえて来ると何故だか写欲が失われてしまい
その長閑な里の櫻をずっとベンチから見学していた
カメラを置いたまま消耗した身体を充電させて花見気分に浸ることにし、
気がつくともう何年も「撮影しないお花見」などしていなかった自分に驚いていた

きっともう、こんな条件下では撮れないだろうと想い起こすと雨が好きになった
[PR]

by un-chat | 2011-04-12 01:04 | 風景のような


<< 又兵衛桜 #3      又兵衛櫻 >>