人気ブログランキング |
2010年 07月 31日
オンナタイム。






オンナタイム。_c0154732_193333.jpg


S5pro+SIGMA AF 30mm


たまにはお仕事のお話でも。
この画像でピンと来たらあなたのオンナ度は高いからご安心を♪


お暑いですね〜 が挨拶になってしまっている毎日ですが、この時期になると逢う方、逢う女性が口々に
質問することと言えば……

「今年は何色が流行るの?」 「今から買い! はなあに?」 「アレもコレも欲しくなって訳がわかんないわー」
なのです。

率直に言ってトレンドを追うのも全く無視するのも女力が落ちるのでNGだけど、
人に訊いてそれを鵜呑みにするのも野暮というもの。

20代前半の女の子なら迷って試して一杯失敗しながらオンナを磨け、と言い放すワタクシ。

けれど若い女性程不思議なほど質問などしてこないもの。
何故なら彼女たちはまだまだたーっぷりと流行を楽しめる時間があるから。

大人のオンナは仕事に趣味にスキルアップ、ボディートレーニングや旅行や文芸鑑賞などなど、、、、
真夏の紫外線疲れを認識しているものの日々の忙しさの中で「小さなオシャレ」が後回しになってしまいがちです。


私が彼女たち(そうそう、そこのあなた!)に是非伝えたいのは、何を買っていいのかわからなければ
まずは一度、ステップアップの意味で「捨てましょう」

今年着なかった夏物は来年絶対着ないし、これ高かったんだよね〜思い出あるんだよね〜もすっぽり捨ててしまいましょう。   そうすることで結局ツマラナイお買い物を反省する道に繋がるし、年齢と共に趣向が違って来たことも自覚するはず。


まさに今、「限定コスメ」や「秋物コスメ」に迷っているオンナがウヨウヨしてる。

そのコスメポーチも「週に一度しか使わないモノ」と「毎日必ずお化粧直しに使うもの」を整理してみて下さい。
自ずとプラスするものと、「秋物コスメ特集」の雑誌他メディアに惑わされないもの。

もしかしたら今のポーチの大きさがあなたの毎日の迷いを手助けしてくれるかも。

朝しっかりベースメイクを整えアイラインを引きお洋服に合わせて、またはその日のスケジュールにマッチするように上品且つ馬鹿っぽくないフルメイクをした後、本当に持ち歩くべきポーチの中身は人と比べるものじゃないでしょ?

ちなみにヘアメイク、スタイリスト業界で独自のアンケートを取ったところ、「いつもポーチに入れているのに週に一度も使わなかったアイテムは?」のナンバースリーは……

*一位  マスカラ   *二位  コンシーラー  *  三位  チーク  です。

これが当たってるかどうかは別にして私個人としては「ただ入れっぱなしなだけじゃないの?」と言いたい。

必要がなければ家に置いてポーチの中身を見なおしてみては?  






オンナタイム。_c0154732_195589.jpg




そういう私も仕事用ではなく自分用のメイクブラシをフルバージョンで買い換えました。

限定メイクは上の通り、、、、普段のメイクにちょっと足すだけでお化粧直しが楽しくなるようなカラフルなものを。
そして真新しいブラシで色持ちも発色も良くなり気持ち良くお直しタイム。

秋へのシフトもし易くコンパクトにポーチに入るモノだけをプラス! です。
(まあ、このお派手なファーまつ毛ちゃんとマニキュアは持ち歩かないけどね^^)


オンナタイムはいつだってワクワク楽しい♪

こんな色使いこなせるかしら? くらいの冒険心をクリアした時、秋物のお洋服で迷うことなどなくなるはずです。


暑くて外に出たくない休日、、、、こっそりオンナタイムを練ってみて。

by un-chat | 2010-07-31 02:17 | 好きなモノ


<< 夏の花      琵琶湖情景 ー6 >>